FC2ブログ
New York州Long Islandの東にあるStony Brookに、3歳の息子、主人と私の3人で暮らしています。今年は渡米して2年目。子育て、はまっている事、食物アレルギー、マクロビオティック、ニューヨーク田舎暮らしなど気ままにつづっていきたいと思います。
日本のおみやげ
2010年03月06日 (土) | 編集 |
主人の研究室の学生さんが日本から帰ってきました。彼はベネズエラ出身で、研究室の交換留学?みたいな形で昨年の9月から半年間日本のつくばに滞在していました。日本滞在をすごく楽しんでいると聞いていたので、なんだか日本人としてうれしいなあと思っていました。

そんな彼が私たちに買ってきてくれたおみやげ↓

maid cookie

メイドクッキー

つくばから秋葉原はつくばエクスプレスで1本。メイド喫茶も何回か行ったみたいで、お気に入りの様子でした。

去年、主人の所属する大学で、日本語クラスのアシスタントをしたことがありました。そのときに驚いたのは、こちらで日本語を学ぼうとする欧米人は、マンガ、ビジュアル系バンド、ジャニーズ、アキハバラについてものすごく良く知っていることでした。私が知らないようなこともたくさんあり、日本人の私に彼らはよく説明してくれました。息子の通うPre-schoolのスタッフの中にも日本びいきの人がいますが、彼女もかなりのマンガ、ドラマ好き。最新ドラマや昔のマンガまでやけに詳しいのです。良く話に出てくる芸能人は、木村拓哉、山下智久、戸田恵梨香、北川景子など。ジャニーズは有名な人から無名な人までこちらの女の子のハートをがっちりつかんでるみたいですね、ちょっと意外です。アジア圏ならともかく、アメリカでも日本=サブカルチャー(フィギュア、ゲームといったオタク文化も含む)という印象があまりにも色濃いことに驚き、他にも日本の良い所ってあるんだけどな、と思ってしまう私です。

さて、話は変わり、今日はフィグ(いちじく)のプディングを作りました。先日の日記で触れたNatsukoさんのレシピを基に、家にあった材料で作りました。

fig pudding

フィグのプディング
材料:ドライブラックフィグ、ココナッツミルク、豆乳、葛、粉寒天、米飴、アガベネクター

白砂糖は使わず、玄米を発酵して作る米飴とサボテンから採れるアガベネクターという多糖類の甘味料を使いました。これらは血糖値を急に上げることなくゆっくりと体内に消化・吸収されるため、体に負担がかかりません。子供にはドライフィグの味は強いですが、このプディングにすると喜んで食べてくれました。

写真を見ると、ちょっと表面に荒いつぶつぶが残っていますね。適当にフードプロセッサーをかけてしまったので、なめらかな生地になっていなかったようです。今度はきれいなプディングを作ろうと思います。
スポンサーサイト



粘土ってはまります
2010年02月25日 (木) | 編集 |
play-doh1

息子は先月で3歳になりました。
電車、車、飛行機といった乗り物系が大好きで、他のことにはあまり興味を示しません。Pre-schoolでは毎日Craftの時間があるのですが、最近、ようやく粘土細工にも興味がでてきたようです。

子供用の粘土は口に入れても安全ということで小麦粘土が世間一般で主流です。ただ息子はいくつか食物アレルギーがあり(この件についてはまた後ほど書きますが)、そして小麦自体にアレルギーがあったので、今までこういった粘土をみんなと一緒に触ることができませんでした。しかし3歳になる直前に、検査の結果が良くなっていたため、現在家でFood Challenge(段階を経て触ったり、食べる)をしています。小麦粘土を触らせてみたところ、問題なかったので、親子共々うれしくなって、頻繁に粘土でいろいろと形を作るようになりました。

粘土をこねていると、大人も結構楽しめます。写真は主人が作った作品。本人曰く、時間がかかった力作だそうです。子供よりも大人の方がはまるかもしれません。私の作品は・・・、あまりにひどくて載せられません

こちらでよく見かける子供用粘土、Play-Doh。
私たちも使っています。日本にも同じメーカーのものがありそうですね。発色が鮮やかでポップな物が作れます(体に良くなさそうな色素を使っているように思いますが・・・)。いろいろな粘土用ツールもほしくなっちゃいました。
http://www.hasbro.com/playdoh/en_US/
ブログ開始
2010年02月24日 (水) | 編集 |
急に特に理由もなく思い立ち、ブログを始めてみることにしました。
あまり筆まめではないので、どこまで続くかわかりませんが、日々感
じたことを書いてみたいと思います。

2007年1月に長男を出産、2008年5月に渡米、ニューヨーク州
ロングアイランドにあるStony Brookというところで、主人と子供と
私、家族3人の人生初の海外暮らしがスタートしました。

今年は渡米2年目なので、去年と違いこちらの生活を満喫できるよう
になりつつあります。とは言え、まだまだわからないこともたくさん
あり、毎日奮闘中です。これからどんなことが起こるか楽しみです!