FC2ブログ
New York州Long Islandの東にあるStony Brookに、3歳の息子、主人と私の3人で暮らしています。今年は渡米して2年目。子育て、はまっている事、食物アレルギー、マクロビオティック、ニューヨーク田舎暮らしなど気ままにつづっていきたいと思います。
Potluck Party
2010年02月28日 (日) | 編集 |
先日、息子が通っていたDaycareでPotluck Partyがありました。今通っているPre-schoolも同じ建物の中にあるので、息子をむかえてすぐに参加しました。

potluck1.jpg

先生とクラスメートが作った幕です。写真では良く見えないですが、クラスメート一人一人がクレヨンで絵を書いています。

potluck2.jpg
potluck3.jpg

一番人気はピザ。やっぱりアメリカ人が多いだけありますね。
飛ぶようになくなります。驚くのは1歳にならない乳児もほとんどがピザを食べていました。

potluck5.jpg

ブラウニーやドーナツも不動の人気。Potluck Partyのたびに誰かが持ってきてくれます。
日本人にはかなり甘めですが、こちらの人たちにはこれぐらい甘さがちょうどいいようです。

potluck7.jpg

息子は食べることよりも遊ぶことに夢中でした。

私にとって息子のDaycareの先生たちやクラスメート、そしてクラスメートのご両親たちはかけがえのない存在です。アメリカにきて最初の1年間、トラブルがたくさんあり、気分が落ち込むことが多かったけど、毎日みんなと話すことで癒されました。またこういった集まりがあるといいなと思います

スポンサーサイト



クッキングクラス
2010年02月27日 (土) | 編集 |
昨日はNatsukoさんのクッキングクラスへ行ってきました。
NatsukoさんはMacrobiotic & Vegan Chefで管理栄養士さんでもある方で、ニューヨークに住む日本人の中でとても有名な方です。マクロビオティックでは動物性食品(肉、魚、卵、乳製品)や白砂糖を基本的に使わず、玄米のような穀物と野菜、植物性たんぱく質などを使いお料理していきます。マクロビオティックとヴィーガン(純粋菜食)は一見同じように見えますが、違います。この違いについてはまた今度書いていこうと思います。

マクロビオティックのように動物性食品を使わない場合、味気ない、味が薄い、物足りないのではと思う人もいると思います。私も最初はそうでした。でもちょっとしたコツや調理方法、食材の組み合わせで体にやさしくとてもおいしいお料理ができあがります。Natsukoさんのお料理は、本当に驚くほどおいしいものばかりです。そしてNatsukoさんのかもし出すほんわりとした雰囲気の中で行われるクラスは、毎回楽しくて、あっという間に時間がたってしまいました。

昨日のメニューです。

P1020700_convert_20100227014558.jpg

P1020695_convert_20100227015651.jpg

玄米ちらし寿司
梅酢で作った紅しょうがを入れて、砂糖を使わずレーズンで甘みをつけました。コクがあってパクパク食べてしまいました。

P1020699_convert_20100227015752.jpg

実そばのスープ
だしを使わず、野菜の甘みだけで作ったスープでした。とってもやさしくまろやかな味でした。

小豆かぼちゃのあげないコロッケ
砂糖を使わず上質の小豆とかぼちゃをコトコト煮て、油で揚げない代わりに油揚げにつめてオーブンで焼きました。クミンが味の決め手でした。

P1020698_convert_20100227015006.jpg

ひじき、切り干し大根、高野豆腐の煮物
にんにくとごま油でひじきの磯っぽいにおいがなくなります。三大乾物が一度に取れるお得な煮物でした。

P1020703_convert_20100227015117.jpg

甘酒プディング
こちらも甘味は手作り甘酒のみ。プディングを固めるために使ったのは、体を温める葛。ニューヨークも葛が手に入ります。しょうがとレモンでさっぱりとしたプリンに仕上がりました。

どのお料理もおいしいんです。すっごく。
マルチアレルギーの息子もほとんど全部食べることができるというすばらしいお料理の数々。感動です。

デザートにはNatsukoさんお手製のデーツとナッツ?のスコーンとチョコチップスコーンもいただきました。こちらも乳製品、卵、白砂糖なしです。驚きのおいしさなんですよ。一度Natsukoさんのマクロビスイーツを食べると、他のスイーツは必要ないかなあと思ってしまうほどなんです。

あー、おいしかったし、楽しかった
Natsukoさんありがとうございました!

クラスの後は、息子のPre-schoolのPotluck Partyです。
このお話はまた次回に!!


粘土ってはまります
2010年02月25日 (木) | 編集 |
play-doh1

息子は先月で3歳になりました。
電車、車、飛行機といった乗り物系が大好きで、他のことにはあまり興味を示しません。Pre-schoolでは毎日Craftの時間があるのですが、最近、ようやく粘土細工にも興味がでてきたようです。

子供用の粘土は口に入れても安全ということで小麦粘土が世間一般で主流です。ただ息子はいくつか食物アレルギーがあり(この件についてはまた後ほど書きますが)、そして小麦自体にアレルギーがあったので、今までこういった粘土をみんなと一緒に触ることができませんでした。しかし3歳になる直前に、検査の結果が良くなっていたため、現在家でFood Challenge(段階を経て触ったり、食べる)をしています。小麦粘土を触らせてみたところ、問題なかったので、親子共々うれしくなって、頻繁に粘土でいろいろと形を作るようになりました。

粘土をこねていると、大人も結構楽しめます。写真は主人が作った作品。本人曰く、時間がかかった力作だそうです。子供よりも大人の方がはまるかもしれません。私の作品は・・・、あまりにひどくて載せられません

こちらでよく見かける子供用粘土、Play-Doh。
私たちも使っています。日本にも同じメーカーのものがありそうですね。発色が鮮やかでポップな物が作れます(体に良くなさそうな色素を使っているように思いますが・・・)。いろいろな粘土用ツールもほしくなっちゃいました。
http://www.hasbro.com/playdoh/en_US/
ブログ開始
2010年02月24日 (水) | 編集 |
急に特に理由もなく思い立ち、ブログを始めてみることにしました。
あまり筆まめではないので、どこまで続くかわかりませんが、日々感
じたことを書いてみたいと思います。

2007年1月に長男を出産、2008年5月に渡米、ニューヨーク州
ロングアイランドにあるStony Brookというところで、主人と子供と
私、家族3人の人生初の海外暮らしがスタートしました。

今年は渡米2年目なので、去年と違いこちらの生活を満喫できるよう
になりつつあります。とは言え、まだまだわからないこともたくさん
あり、毎日奮闘中です。これからどんなことが起こるか楽しみです!